2012,12,31-2013,1,2 丹沢山地年越し縦走 2日目

いのちの水。
e0244967_2051165.jpg













2013年1月1日の朝。
静かな山で迎える新年は、いつもの朝と変わらなかった。
時計を見るとAM5:00。日の出にはまだまだ時間がある。朝ごはんを食べ撤収を少しずつ始める。







しばらくすると、外が明るくなり始めているのがツェルトの中からもわかった。
急いで撤収し外に出ると、東の空が赤くなっている。
e0244967_20514950.jpg

山で迎える初日の出は特別に感じるかと思っていたが、
特別な気持ちにはならず、普段の山で迎える日の出と一緒だった。
それがかえって不思議に感じた。自然にとってはいつもと変わらぬの1日なのだと。
人間がつけた暦など、自然には関係のない事。
この時期に山に来てそれを感じれただけでも、来てよかったと思えた。








誰も居なくなった避難小屋の中で細かいパッキングを済ませて、小屋を後にする。
冷たく澄んだ空気を肺に送り、旅のつづきを始める。
e0244967_20521039.jpg

e0244967_20522861.jpg








陽は当たるが、さすがに1月の丹沢だけあって気温は氷点下。
でも、城ヶ尾山に着く頃には、身体はだいぶ暖まってきた。
e0244967_20525188.jpg

ここでマフラーを取り、城ヶ尾山で頭だけ出た富士山を見ながら小休憩して、再び歩き出した。







しばらく歩き、振り返ると、富士山と御正体山が見える。
e0244967_20554865.jpg

今まで御正体山とは並行して歩いていたが、堂々とそびえている山で行ってみたいと思いました。







小さなアップダウンをこなして、モロクボ沢の頭に着き、畦ヶ丸へは行かずに、白石峠を目指す。
e0244967_20561234.jpg

小さくこんもりした畦ヶ丸。ごめんよ。また今度行くから。







白石峠に向け歩いていると、前方に動物がっ!!
急に現れた動物にびっくりすると、それは犬だった。しかも首輪をしている。猟犬だろうか。


急に現れたこの子に「畦姫」と名前を付け(メスの様だったので)しばらく一緒に歩く。
e0244967_20565658.jpg








畦姫と抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返していると、白石峠に着いてしまった。
e0244967_20573182.jpg

白石峠で休憩し、再び歩き出すと畦姫が来ない。
どうやら、畦姫はここから先は来ないらしい。
「気をつけてね。」自分を見送る畦姫の顔がそう言っていた様に感じた。気をつけるよ!バイバイ!畦姫。







白石峠から30分程で、加入道山に到着。1ヶ月ぶり。
e0244967_20575026.jpg








大室山へ続くトレイル。葉を落とした木々のおかげでトレイルに陽を届けてくれる。
e0244967_2058489.jpg








大室山への急坂を登っていると開けた場所があり、そこからは展望が抜群です。
「富士山と南アルプス南部」
e0244967_20581789.jpg








「南アルプス」
e0244967_211242.jpg

写真左側は聖、赤石、荒川といったとこでしょうか。
写真右側の雲が掛かっている辺りが北岳、千丈、甲斐駒、鳳凰ら辺。







大室山へは行かずに、犬越路へ下りました。
e0244967_2124093.jpg








犬越路避難小屋にバックパックをデポして、
サブパックとして持ってきたサコッシュに水筒を全部突っ込む。ここから水汲みに用木沢まで下ります。
e0244967_2185886.jpg








犬越路避難小屋から下る事30分。
沢の音が聞こえてきました。沢の音を聞いたら我慢出来ずに沢を目掛けてトレイルを逸れます。
e0244967_219204.jpg

用木沢で水汲み。
自分で苦労して得た事により、山での水の貴重さが改めて身に沁みました。







サコッシュがパンパン!!計4.5Lによく耐えてくれました。
e0244967_2194040.jpg

しっかりした作りなんだなと関心しました。







小笄を過ぎ、振り返ると大室山が夕日に照らされオレンジ色に輝いている。
e0244967_2110049.jpg

そろそろ、日も暮れてしまうので、野営適地を探しながら歩きます。







まぁまぁフラットな場所を見つけて、ツェルトを設営に掛かる。
e0244967_21101841.jpg

風も強く、気温もだいぶ低いのでダウンジャケットを羽織り、急いで設営していたらもう日が沈んでいました。
なんとか設営を済ませ、荷物を放り込む。







腹ペコだったのでラーメンを食べて一息つく。しばらくしたら外に出て空を眺める。寒い。。。
e0244967_21103729.jpg

今回の寝具は行動着の上にフーデットヘリオス。
下はキャプ2タイツの上にスーパーライトダウンパンツ。足はエクセロフトフットウォーマー。
寝袋はULスパイラル#5にエスケープビビィ。
ツェルトの下にタイベック、上にヒートシートブランケット、マットは15s。
この装備で、外気温-10℃でたまに寒く感じる時があるくらいでした。寝る事は出来ましたけどね。
寝袋のロフトが減ってきているので洗濯しなきゃだなと実感。
もっと道具をシンプルにしたい。


自分で野営地を探し、水を確保出来そう沢を自分で決め、沢から直接水を汲む。
こんな自由な旅をしてみたかった。これでフライフィッシング出来たら最高だな。
自由な分、責任が全部自分にくる感じもたまらない。


simple is free!!







※丹沢では原則野営禁止の為、自己責任で行い、野営跡を残さないようにしました。
[PR]
by yakult_shift | 2013-01-06 16:36 | Hike 【丹沢】


サラリーマンの日常ブログ


by ペロ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Hike 【東北】
Hike 【越後】
Hike 【上州】
Hike 【信州】
Hike 【北アルプス】
Hike 【南アルプス】
Hike 【八ヶ岳】
Hike 【奥秩父】
Hike 【奥多摩】
Hike 【丹沢】
Little Cub
Camp
Ski
Clothing
Shelter
Other Gear
Shopping
one's own making
High Five
気になるやーつ
その他
未分類

以前の記事

2016年 02月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

外部リンク

最新の記事

2015,9,10-12 ..
at 2016-02-09 01:27
2015,1,3 弥彦山
at 2015-02-16 22:21
2014,11,30 弥彦山..
at 2015-02-14 00:00
2014,11,21 丹沢主..
at 2015-01-22 00:53
Mt.Kayagatake ..
at 2014-12-18 00:49

検索

タグ

(14)
(12)
(10)
(10)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧